top of page

ニュース

AV-UHS500 レンタル開始しました

Panasonic connect

4Kライブスイッチャー

AV-UHS500



4K/HDが混在する運用にも柔軟に対応

映像制作の領域を新たな次元へと導きます


コンパクトな一体型ボディでありながらハイエンドモデルに迫る基本機能を備え、HD制作時と同等の運用性を4K映像制作で実現します。放送局はもちろん、中継車や特設会場でのイベントに、また大学や企業の講演会などに。様々なライブプロダクションにおける使いやすさを追求したライブスイッチャーが、その現場の生きた映像制作に高いパフォーマンスを発揮します。


 



4K映像を同軸ケーブル1本で伝送可能な12G-SDIに標準対応

12G-SDI/3G-SDI/HDMI/NDI®対応

4K映像を同軸ケーブル1本で伝送可能な12G-SDIに標準対応。4K映像制作に高い運用性をもたらします。またHDMIにも対応し、セミナーや講演会などのライブプロダクションでPCからのデータを直接入力できるため、別途HDMI変換器を用意する必要もありません。さらに、NDI I/FユニットAV-UHS5M6G(オプション)の追加により、Video over IPの1つであるNDI®※も取り扱うことが可能。多様な映像信号をダイレクトに取り扱うことができ、瞬時に多彩な映像演出が可能になります



多彩なインターフェイスに対応

12G-SDI、3G-SDI、HDMI、そしてNDI®という多彩なインターフェイスに完璧に対応し、異なるソースの映像をシームレスに切り替え、統合する力を備えています。


拡張可能な入出力

2つの機能拡張オプションスロットを装備し、オプションボードの増設により最大16系統の入力と最大15系統の出力を実現します。UC/DC機能、HDR/SDR変換機能、スケーラー、カラーコレクション機能など、高度な機能を駆使して映像の質と効果を最大限に引き出せます。


クリエイティブな映像演出

ROI機能で映像の一部を切り取り、音声ソース選択機能で最適な音声を選択し、リモートカメラコントロール機能で遠隔からカメラを操作することも可能です。


豊富な映像効果

5つのキーヤーを装備し、さまざまな映像効果を実現。シーンに応じたクリエイティブな映像演出が可能です。

コンパクトながら高性能 コンパクトな一体型ボディに、ハイエンドモデルに匹敵する基本機能を凝縮。HD制作と同等の運用性を4K映像制作にも提供します。

 

リモートライブプロダクションを実現


High Bandwidth NDI®※1もしくはND®|HX※1 に対応した当社製カメラと組み合わせて使用することで、映像伝送からカメラコントロール、タリー出力までを1 本のLAN ケーブルのみで行うことができます。映像伝送だけでなくカメラ制御も遠隔で行えるため、リモートでのライブ映像制作を実現します。

※1:NDI®とは、NewTek, Inc. によって開発されたIP利用における新しいライブ映像制作ワークフロー支援プロトコルです。NDI®はNewTek, Inc. の米国およびその他の国における登録商標です。ここでのNDI®は、High Bandwidth NDI®、NDI®|HX はHigh efficiency low Bandwidth NDI®|HXを意味します。

 

ROI(Region of Interest)機能を搭載

1つの入力素材から最大4つのクロップ(切り出し)信号(ROI素材)を作成し、入力素材として使用可能なROI機能を搭載しています。

ROI機能は、標準搭載SDI入力端子5~8および、オプションスロットに装着したSDI/HDMI入力ユニットから使用することができます。


<主な特長>

  • 最大12個のROI素材(1つの入力映像から最大4つのROI素材)を使用可能。

  • パン・チルト・ズーム操作と同様、素材ごとに位置やサイズを調整して記憶(1つのROIにつき最大10個の記憶)することが可能。

  • パン・チルト・ズーム操作と同様、記憶した位置間のスムーズな移動が可能。

  • ズーム倍率は10%(10倍)~100%(1倍)。



AV-UHS500_取扱説明書
.pdf
ダウンロード:PDF • 16.52MB




Comments


bottom of page